【50アニ】機動戦士ガンダム 劇場版三部作(1981-1982)

広告

2020年9月。初代『ガンダム』の劇場版三部作を観ました。実は30代のころに一度観たはずなんだけど、ぜんぜんストーリー覚えてなくて、まるで初見のように楽しみました。

ちなみにこの映画を観る前に『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のシリーズを観ました。そのおかげで登場人物の相関関係や、敵対する勢力の関係、位置関係がよくわかりました!。ジ・オリジン観てからでよかった。

【50アニ】機動戦士ガンダム THE ORIGIN(2015〜2018)
『50代のアニメ鑑賞記』始めます! 『50代のアニメ鑑賞記』を始めたいと思います(笑) もともとアニメは嫌いじゃないです。が、アニメ大好き!という訳でもありません。たいしてアニメを観てきたわけでも無いので、面...
広告

3本を全部見ると結構長いです。やっぱり古いアニメです。

劇場版三部作というのは『機動戦士ガンダム(劇場版)』、『機動戦士ガンダム 哀・戦士編』、『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙編』を指します。それぞれたっぷり2時間以上あります。続けてみたら7時間近いですね。

もともとはTVシリーズとして1979-1980年に放送された43話のアニメシリーズの総集編です。30分番組なので20時間くらい→7時間弱なので、まあ1/3くらいになってるという事でしょうかね。

1979年というと、私は12歳ですねぇ(笑)小学6年かな。インベーダーゲームとかやってた覚えがありますね。宇宙戦艦ヤマトはこの頃観てた気がするけど再放送かなぁ。未来少年コナンも楽しみに観てたのを覚えてますね。

広告

「機動戦士ガンダム」感想レビュー

50代になって40年前のアニメを観る“醍醐味”に満ちた体験でした(笑)。

「こんなストーリーを子ども向けアニメでやってたのかぁ」と40年前に思いを馳せつつ、小学生だった自分には理解不能であっただろう描写など、改めてじっくり観させていただきました。

親子の関係、特にお父さんとの関係性に「うーん…」

とりあえず一通り観終わって…

パパ
パパ

いやぁ、ガンダムの登場人物ってみんな、なんというか、いつも機嫌悪くないですか?

内容的に大人びた題材で、登場人物のほとんどが兵隊さんなので仕方ないですが、なんとなく怒ってたり、ひねてたり、文句言ってたりして全体的に不機嫌な雰囲気です。こういう雰囲気は嫌いですねぇ。

そんな中でも一際気になるポイント!、極端な「親子関係の希薄さ」。

たとえば主人公のアムロくんとお父さん、ひどいですね(苦笑)。私も娘がいる身として、どっちかって言ったらまちがいなくお父さん側なんですが、描かれ方は最悪でしたよー!。パパさん散々な扱いです。

ジオンの一族も(まあ普通の家族とは違うのは仕方ないけど)親子っぽさはゼロですよね。とはいえガンダムの物語りの中でいちばん多く親子関係を描かれているのがザビ家だったりするんですよねぇ!!っていうのもなんか皮肉な感じです。

これに限らず、すべからくガンダムに登場する親子、なんかみんなおかしくないっすか?!当時の世相なんですかねぇ?それとも何か制作側に狙いがあっての事なんでしょうか。

個人的には、親子の関係性を悪く描くのはまぁよくある事だとしても、もうちょっと必然性というかそんな関係になった経緯を説明して欲しかったなと。なんか「親子関係なんて、たいして良くないのがフツウじゃん」って言われてるように思えて「そんな事ぁ無いんじゃないか?もっと親子の関係って良いものだよーっ!」って訴えたくなりました。。

とはいえ、そういう所も含めて独特な雰囲気をアニメ界に持ち込んだのが『ガンダム』だったという事なんでしょうね

明るくてドジで、熱血で運が良くって好感度が高い…みたいな従来のアニメ主人公像とは180度違う物語りと、壮大でメカメカしい兵器や戦艦のドンパチの二重構造によってアニメ界の新境地を切り開いた作品!って言えばいいのかな。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥823 (2020/10/26 07:41:32時点 Amazon調べ-詳細)

ガンプラのイメージは、ロボットという概念に多大な影響を及ぼしたのは間違いないと思います。

いわゆるファースト・ガンダムの作画では現在観られる精巧で緻密なメカ感あるロボット描写とはかなり劣る点は多々あれど、設定だったり背景だったり、当時たくさんの子どもが熱く入れ込む題材としての役割を担ったのは事実ですからね。

もしかするとTV版(43話)を観ればもうちょっと埋めてもらえるのかもしれない…

劇場版三部作、個人的にはシーンとシーンの間の語られない部分を、勝手に想像して埋める作業が多かったのが苦しかった。状況の変化や、各々の登場人物の感情の変化が唐突な印象でした。

やっぱり“総集編”だからなのかな。50代おじさんとしては時短でコンパクトに見せてもらえるのはありがたかったけど、行間を埋めるような想像力は使いたく無い(笑)。要はめんどくさがりなんです。

これで、とりあえず『ガンダム・シリーズ』のスタート地点に立ちました!

古い!絵がゆるい!ストーリーがややこしくてめんどくさい!暗い!。。とまぁ、ここまでさんざん文句ばっかり書きましたが、やっぱりここが原点なんですよね。

パパ
パパ

みんな大好きな「ガンダム」ってこんなアニメだったんだね!おもしろい!

40年の歴史というか、昔のアニメをわざわざ紐解いて原点に帰るっていう作業を、みなさんにお勧めするつもりは全くありませんが、個人的な経験値としては、大変貴重な体験をさせていただきました。

さぁ、ガンダムワールドはまだまだ広大ですぞ!次はやっぱり『Z(ゼータ)ガンダム』観なきゃいかんかな(笑)

というわけで、今回は『機動戦士ガンダム』でした!お疲れ様でした。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。