1.はじめに:大人のための絶対音感への道【あなたも“絶対音感”を身につけられるかもしれない!】

広告
絶対音感への道

はじめに

絶対音感を身につける為には、少なくとも7歳までに、専門の教育を受けなければならない!と言われています。でも、もしかすると、ひょっとしたら、なんとかなるんじゃないの?。 決して音楽家や作曲家を目指している訳ではありません。まぁ、一般人レベルで楽しめる程度の絶対音感だったら、今から始めたっていけるんじゃないのかな?。観光旅行の英会話みたいな感じで‥
※この記事は2002年から2006年にかけて~taneホームページで掲載していた内容を、ほぼそのまま転載したものです。
僕

【あなたも“絶対音感”を身につけられるかもしれない!】
というお話。

今からだって遅くない?!

“絶対音感”という言葉を聞いたことのある人は多いと思います。でも「絶対音感を持っている」という人は少ないですね。でも、もしかすると、ひょっとしたら、あなたも絶対音感を身につけることができるかもしれない!!。というお話‥。

大人のための絶対音感チェック

というわけで、まずは本編をはじめる前にあなたにちょっと質問させてください。どうぞお気軽にYes/Noでお答えくださいね。

  1. “絶対音感”という言葉を知っている
  2. 自分には“絶対音感”は無いと思う
  3. これまでに楽器や歌を習った事がある
  4. 頭の中で同じ曲がぐるぐる回ることがある
  5. イントロクイズは得意だ
  6. 題名だけですぐメロディを思い出せる曲や歌がある
  7. ときどき鼻歌を歌っている
  8. 自分は“絶対音感”を持てないとあきらめている
  9. でも、できれば“絶対音感”が欲しいと思う

いかがでしょう?あなたはいくつ当てはまりましたか?沢山当てはまりました?それともあまり当てはまらなかったですか?

この「大人のための絶対音感への道」は、音楽好きの大人(♂)がちょっとしたきっかけから「自分にも“絶対音感”を身につけられるかもしれない」と思い立ち、自分自身を実験台に“絶対音感”の習得を目指すというお話です。はたしてこんな無鉄砲な計画がうまくいくんでしょうか?

とにかく何のお手本もないプロジェクトですから試行錯誤で進めていきます。正解なんか無いんです。だったらひたすら前進あるのみ!さぁ夢の絶対音感めざしてがんばっていってみよー!

登場人物

僕

音楽好きの大人。たまたま出会った先生にピアノを習おうと決意。小学生のときに少しピアノ(ツェルニー程度)を習っていたほか、中学高校の部活でトロンボーン、大学では軽音楽部でドラムやアコーディオンなど経験するもどれもアマチュアレベル。

先生
先生

絶対音感保持者。ピアニスト。音大付属の中学校〜大学院まで通い、現在はプロとして演奏活動をしている。子供の頃にはヴァイオリンも習っていたらしい。

このコンテンツは2002年〜2006年にかけて執筆されたものを一部内容を変更・修正して投稿しています。

中途半端な状態で放置していましたが、プログを始めるにあたり当企画もアップしてみました。 『絶対音感』については正直、判らないことが沢山ある題材で、間違いや嘘もあったりするとおもいます、どうぞよろしくお願いいたします。

2. “絶対音感”とは?:大人のための絶対音感への道【カエルの歌が〜 みんな“相対音感”は持っている?!】
“絶対音感”とは? “絶対音感”って何? 絶対音感があると「どんな音も音符として聞こえて大変だ」とか「冷蔵庫がハ長調なのにエアコンが変ロ短調で気持ち悪い」とか、一般人には見当も付かないストレスを抱えて生活をしないといけない・・・とい...
この記事の内容はすべて筆者の経験を元にした個人的な意見・見解です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。